理系の錬金術式サイトマップ はこちら [➡]

ジュニアNISAで子供の教育費1000万円を賄う方法

NISA

子供の教育には多額の資金がかかります。

先日のたぱぞうさんの記事によると、理系大学まで進学すると高校から大学4年生までの教育費は1000万円程度必要とのことです。私は大学院にまで行かせてもらったので、親には本当に感謝しております。

ちなみに、以前公的資料を基に調べてみたところ、大学へ行かせるために必要な費用(多めの見積もり)に対して、大卒と高卒との生涯収入の差を比較すると、平均で6倍ものリターンが見込めることがわかりました。従って、私も子供には特段の理由が無い限りは大学に行かせたいと思います。

そのうち時代が変わるかもしれませんが、少なくとも現状は大卒という学歴はまだまだ大きな経済的価値があります。なお、同様のデータに基づくと、受験勉強時間の時給効果は3万円以上となります。一日10時間勉強する子の金銭的潜在価値は日給30万円以上です。医学部に進学できればその2倍。自分の受験期に知りたかった情報ですね。。

一方で、私はなるべく若年期の内に資産形成を行って、なるべく早くアーリーリタイアしたいと考えているのですが、子の教育費は年を経る毎に大きくなっていきますので、教育費捻出のために仕事を辞められなくなってズルズルと働き続ける可能性があります。

そこで、私が選択した教育費捻出方法は、ジュニアNISAを用いた養育費用資産形成となります。これを用いれば、元本は400万円で大学卒業までの教育費を捻出することが期待値的には見込めます。

スポンサーリンク

何故、元本400万円で将来の教育費1000万円を賄えるのか

はじめにジュニアNISAについて簡単に触れておくと、本制度は年間80万円までを上限に最長5年間非課税で子の証券口座で投資できる税制優遇投資制度です。投資資産は子が20歳になるまで非課税で運用し続けることができ、原則18歳以降に取り崩しが可能です。昨年制度が変わり、18歳までであってもペナルティ無しで(つまり非課税条件のまま)投資資産を引き出すことができるようになりましたが、その場合は全資産一括引き出しとなります。

ジュニアNISAの制度に関して詳しくは以下の記事をご確認ください。

子供用投資には学資保険よりジュニアNISAが合理的である理由【メリット/デメリット】
小さな子供を持つ親であれば、学資保険の検討をしている人も多いと思います。 既にご利用の方も沢山おられることでしょう。 一方で、ジュニアNISAを知っている人はそもそも少ないですし、使ってる人はなおのこと少ないはずです。 し...

さて、400万円の軍資金で何故将来の1000万円もの教育費用を賄うことができるのかについて説明していきます。

その方法とは、ずばり米国株式インデックス投資を行うことです。(いつも通りの展開ですね!)

米国株式インデックスによる投資シミュレーション

ここで、投資条件は以下とします。

  • 0歳から5歳まで80万円をS&P500投資信託(配当再投資型)に投入
  • 18歳までは引き出さず、高校での教育費は一時的に親が肩代わりする
  • 18歳時点で、高校分の教育費250万円と、受験料・入学金・一年目の授業料計275万円を取り崩す
  • 22歳になるまで、毎年の授業料等175万円を取り崩す(合計費用1050万円)
  • 米国株式インデックスは過去200年のトータル幾何平均実質リターン6.7%をコンスタントに得られると想定し、運用コストと米国現地税等が0.7%と保守的に見積もり、年利6%として評価

それでは、以上の条件に基づく資産シミュレーション結果を見てみましょう。

ギリギリ残ったぁああ!!!

経過年数に対する詳細な資産額を以下に示します。

経過年数(年齢)運用資産(万円)
00
185
2175
3270
4371
5478
6507
7537
8569
9603
10640
11678
12719
13762
14808
15856
16907
17962
18495
19349
20195
2132
2234
スポンサーリンク

まとめ

子供のジュニアNISA口座にて元本400万円を米国株式インデックスに投入することにより、期待値的には高校以降の教育費1050万円を捻出できることを示しました。

もちろん投資には元本割れのリスクもありますので、この通りに行かない可能性も大いにあります。とはいえ、過去の実績を照らし合わせてみると、取り崩しが可能となる18年後にはそこそこ資産が大きくなっていることが見込めると思われます。

今回の教育費は、個人的にはかなり大き目な試算であるという感触です。もっと安く済むケースもあるでしょうし、子が大学に進学しないということもあるでしょう。

その場合には、ジュニアNISAに残った金額は子の大切な資産となります。場合によっては数百万円を非課税で相続できることになりますし、子に引き継いだ後もそのまま投資し続ければ、更に大きな資産として成長することが見込まれます。

残念ながら、ジュニアNISAは2023年をもって入金受付が終了してしまうこととなってしまいました。こんなにも有益な制度が終わってしまうのは子育て世帯としては非常にもったいなく、弱小ブロガーながら、日々の啓蒙活動の至らなさを反省した次第です。

しかし、まだ4年間の入金可能期間がありますので、子育て中の方は是非検討してみてください。

ジュニアNISA口座は、ETFにも投資可能な唯一の証券会社であるSBI証券が圧倒的にお勧めです!その理由と、ジュニアNISAで1億円を作れるかもしれないギャンブリングな方法と共に以下の記事に記載しました。

子供用投資には学資保険よりジュニアNISAが合理的である理由【メリット/デメリット】
小さな子供を持つ親であれば、学資保険の検討をしている人も多いと思います。 既にご利用の方も沢山おられることでしょう。 一方で、ジュニアNISAを知っている人はそもそも少ないですし、使ってる人はなおのこと少ないはずです。 し...

SBI証券口座の開設方法については以下の記事をご確認ください。

SBI証券口座の作り方【証券&NISA口座開設方法】
株の売買や、NISA口座の運用をこれから行いたいと思っても、いざ調べてみると様々な証券会社があってどれがいいのか途方にくれますよね? 同じような経験を持つ私がつみたてNISAや株の取引で普段使っているメイン口座は、SBI証券です。 ...
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

応援よろしくお願いします!
★理系の錬金術師おすすめの証券口座3選
【その1】
SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券

国内株式購入の観点では間違いなくNo.1の証券口座。国内株式を気軽に1株から定期積立可能です。取引手数料も実質月20円と非常にお得です。

SBIネオモバイル証券の口座開設方法はコチラ

【その2】
サクソバンク証券

サクソバンク証券

海外株式の取扱い数が圧倒的!国内唯一の配当金再投資サービスが魅力です。特定口座対応(2020年予定)後は間違いなく国内No.1の証券口座になるでしょう。
現状は補助口座としておすすめです。

サクソバンク証券の魅力と口座開設方法はコチラ
【その3】
楽天証券

楽天証券

手数料が業界最安基準で積立NISAの商品も豊富。取引ツールの使いやすさも秀逸です。楽天経済圏の住人なら特におすすめ。

楽天証券の口座の魅力と開設方法はコチラ



PVアクセスランキング にほんブログ村
NISA投資シミュレーション
スポンサーリンク
spinor_1をフォローする
理系の錬金術

コメント