20年で1億円以上の資産を築くシミュレーション

暗号資産(仮想通貨)の確定申告に向けた準備ー取引履歴を早めにダウンロードすべき理由

仮想通貨

仮想通貨の取引履歴、持ってますか?

今年、仮想通貨取引で20万円以上の利益が出ている方は、速やかに取引履歴を入手しておきましょう。
海外の小さい取引所の取引履歴は短期間であっさり消されてしまいます

2017年12月以降に仮想通貨デビューした方は多いかと思います。

俗にいう、出川組ですね。

昨年は購入のみで、今年トレードを実行し、大きな利益を得たという方も多いのではないでしょうか。
一方で、大損した人もいるかと思いますけど・・・。

利益を得ている場合、年度末に訪れる面倒な手続きの1つがご存知、「確定申告」です。
確定申告については、国税庁の説明等を参照ください。

今回は、私が取引した履歴がある取引所について、
どの程度取引履歴が保存されているか調査しましたので、その結果を報告します。

取引履歴とは?

仮想通貨をトレードした際、

・取引日時
・交換した通貨ペア
・ポジション
・取引量
・手数料

等の情報が取引所に記録されます。

この情報は確定申告で必須となるため、事前に入手しておく必要があります。

なお、今回詳しく触れませんが、円建てしないトレード(BTC/ETH等)でも、
利益が発生した場合は課税対象となりますので、
円で買ってないからいいやというわけではありません。

国内取引所の取引履歴の保存状態

国内取引所で確認したのは、

・Zaif
・CoinCheck
・Bitflyer
・BitBank

だけですが、全て初回取引時から履歴データが保存されていることを確認しました。

国内取引所については、安心して良さそうです。

半年以上ログインすらしていない取引所でも保存されていたので、問題ないと思います。
こまめに保存しておくに越したことはありませんけどね。

海外取引所の取引履歴の保存状態

問題はこっちです。世界最大から魔界まで存在する海外取引所。
取引所別にみていきましょう。メジャーなところは概ねカバーしていると思います。
なお、確認日は2018年9月初旬です。

Binance

まずは世界最大手のBinance。

昨年12月からの取引履歴が全て保存されていることを確認しました。
ここ3ヶ月くらいログインしていませんでしたが、保存されていました。

ただし、海外取引所は日本からのアクセス遮断というリスクが常に付きまとうため、
気付いたときに取引履歴をダウンロードしておくことをおすすめします。

KuCoin

続いて準世界最大手のKuCoin。

こちらも今年1月初旬からの取引履歴が全て保存されていることを確認しました。
KuCoinは半年以上ログインしていませんが、保存されていました。

BitMEX

BitMEXはPythonBOTのトレードに使っているため、私的には最も重要です。

今年1月初旬からの取引履歴が全て保存されていることを確認しました。

毎日アクセスしている場合の結果のため、ログイン状態との因果関係は不明です。

CoinExchange

さて、いよいよ怪しげな領域に踏み込んでいきます。
CoinExchangeはどうでしょう?

昨年12月からの取引履歴が全て保存されていることを確認しました。
CoinExchangeも半年以上ログインしていませんが、保存されていました。

あれ、意外とどこもしっかり保存してくれてるんじゃないか?と思い始めましたよ。

CryptoBridge

CryptoBrigeも大丈夫でしょう。
そんなことはなかった。

どうやら直近の取引履歴しか表示されないようです。

しかし、@syoyo氏の解説のとおり、トランザクションから何とか取引履歴を取得できそうではあります(結構大変そうですが)。

Yobit

魔界。まぁ、言うまでもないですよね。

どうもありがとうございました。

なお、私の記録によれば、Yobitでの最終取引は3月ですので、
少なくとも半年放置すれば全消去されるということです。

いやあ、恐ろしい!

スポンサーリンク

詰んだ人の最終手段

取引履歴が消えてどうしようもなくなった・・・。という方。

最後の手段があります。

① 全ての仮想通貨を円に戻す
② 今までの入金合計との差を算出する

これだけです。

入金金額は国内取引所に記録されているので問題ないでしょう。
銀行の振り込み履歴からも算出できます。

まとめ

以上になります。

海外の取引所(特に魔界)では、取引したらなるべく毎回取引履歴を保存しておきましょう。
私はちょっと怪しいなと思う取引所では毎回記録しています。

最終手段は使いたくないですね。

コメント