理系の錬金術式サイトマップ はこちら [➡]

本多静六

思索・哲学

【本多静六流】「職業の道楽化」の圧倒的効用とそれに至る方法

資産形成を行っている方の多くは、何らかの目的を持って行っていると思います。 子供を大学に行かせるための費用のためですとか、安定した老後の生活資金を用意したい等々、色々あるでしょう。 しかし、おそらく最も多い動機は、家賃収入や配当...
書評

【5冊厳選】金融リテラシーを養うためのおすすめ本

資本主義社会において、最も重要なモノの一つはその名の示す通りお金(資本)です。 そんな社会に生きる我々にとって、お金について深く知り、資本主義社会を上手に生き抜くための金融リテラシーは不可欠です。 それにも関わらず、学校ではお金...
資産形成論

本多静六氏に学ぶ現代にこそ最適な5つの処世術

林学の東大教授であり、日本の林学の創始者でもあり、「公園の父」と呼ばれ、一代で巨万の富(現在価格100億円以上)を築き、そのほぼ全額を寄付した偉人、本多静六という人物をご存知でしょうか? 上記の経歴だけでもとんでもないため、多くの人は...
資産形成論

本多静六式「四分の一天引き貯金法」が最強の資産形成手法である理由

本多静六という偉人をご存知でしょうか? たゆまぬ努力の末に東大にて林学の教授となり、「四分の一天引き貯金法」という独自の貯蓄法により財を形成し、その資産を元手とした投資により巨万の富(現在価値で100億円以上)を築いた学者です。 ...
スポンサーリンク