理系の錬金術式サイトマップ はこちら [➡]

【超速FIRE戦略】2000万円で不労所得生活を実現する方法【プノンペン商業銀行×タイ移住】

FIRE戦略

単身者なら2000万円あればセミリタイア生活どころか完全不労所得生活を営む方法があると聞けば、「ホントかよ?怪しいなぁ」と思われるかもしれません。

しかし、常識という殻を破りさえすれば、2020年現在その方法は確かに存在します

結論から申し上げると、2000万円で完全不労所得生活を手に入れる方法とは、カンボジアのプノンペン商業銀行で利息6.5%のドル建て5年定期預金を行いつつ、物価の安い隣国のタイで生活するというものです。

頭の中の「常識」というネジを少し緩めて「こんな生き方もあるんだなぁ」と、この先のケーススタディをお楽しみいただければと思います。

スポンサーリンク

プノンペン商業銀行の米ドル5年定期預金の利率は脅威の6.5%

カンボジアの首都プノンペンにあるプノンペン商業銀行の定期預金が異常値を叩き出し続けていることをご存知でしょうか?

カンボジアは米ドルが慢性的に不足しているため、近年では米ドルの定期預金に対して異常な金利が付いております。プノンペン商業銀行では、5年定期預金であれば驚異の6.5%です!(私は五年前ぐらいからウォッチしてましたが数年前までは8%を超えてました)

東南アジア等の新興国では超高金利はよく見られる現象ですが、カンボジアはその他の国とは一線を画します。その理由は、新興国では一般的に自国通貨に対して超高金利となるのに対し、カンボジアの銀行では米ドルに対して高金利となっているためです。

新興国の自国通貨はアホみたいにインフレすることがあり、通貨のボラティリティが異常に大きいため投資というよりも投機対象となります。しかし、米ドルは世界の基軸通貨です。この米ドル建てで5%越えの金利がつくというのは常軌を逸していると言わざるを得ません。

以下に、プノンペン商業銀行の2019年時点での米ドル定期預金に対する利率を示します。

期間USD金利
3ヶ月2.70%
6ヶ月3.70%
12ヶ月5.00%
18ヶ月5.25%
24ヶ月5.50%
36ヶ月6.00%
48ヶ月6.25%
60ヶ月6.50%

出典:Motley Fool

プノンペン商業銀行にはジャパンデスクもありますから、英語ができなくても契約は可能です。

注意点としては、カンボジアの銀行ではペイオフ制度がありません。もしもカンボジアが財政破綻を起こしたり、プノンペン商業銀行がつぶれた場合は預金が返ってこないリスクがあります。

また、プノンペン商業銀行ではようやく待望のネットバンキングが使えるようになりましたが、残念ながら外貨は国外へは送金できません。有事の際はカンボジアに赴き、現地で定期預金を解約して口座から引き落とさなければなりません。

このようなリスクがあるため、5%を超える異次元金利が成り立っているのでしょう。カンボジアの地政学的リスクが高まった場合や、プノンペン商業銀行が財政悪化を来した場合に備えて、金利5%の1年定期預金をお勧めします。

とはいえ、本記事では最高効率を目指すことが目的ですから、ケーススタディとして強気の5年定期預金を組んだ場合の年間金利6.5%を採用します。

2000万円をプノンペン商業銀行の5年定期預金につっこんだ場合の年間金利収入は130万円となります。なお、銀行破綻リスク回避のために、その他の銀行に分散して投資する方が無難ですね。

カンボジアではその他の銀行も似たような圧倒的利率を誇っております。本記事でプノンペン商業銀行を選択した理由は、ジャパンデスクがあることと外国人の銀行口座開設のハードルが低いためです。

さて、カンボジアでは金利収入に対して14%の税金がかかります。従って、年間の正味の手取り額は約112万円となります。

あれ、ちょっと少ないですね?たった100万円ぽっちでどうやって生活するんだ、という読者の方々の心の声が聞こえてきます(笑)

隣国のタイで悠々自適のご隠居生活

タイ、それは希望・・・

生活必需品の物価が日本の1/3~1/2程度であるタイで生活するのであれば、年間100万円があれば一人暮らしなら多少の贅沢生活をしてもお釣りが来ます。人によってはパートナーと二人で生活することも十分に可能でしょう。

2019年末にタイにプチ移住してみたという記事によると、1カ月10万円もあれば娯楽・観光も含めて十分生活できたとあります。また、チェンマイなら家具・プール・サウナやジム付きのコンドミニアムに月10000バーツ(2020年2月レートで約35000円)以下で住めるようです。

アーリーリタイア生活を目指す投資家の方々であれば日ごろから節制倹約が身についているため、この著者よりも遥かに安く生活することができるでしょう。節約家なら月5万円生活も見えてくる水準です。

従って、単身者であればタイなら年間112万円の生活費で充分であるといえます。

カンボジアの隣国のタイであれば、有事の際も移動費が安くかつ即座にカンボジアに入国して定期預金を解約し、出金することが可能となります。

これでもひと昔前よりも大分物価は上がっております。タイは現在急速に経済発展を遂げておりますから、今後も徐々に物価が上がっていくでしょう。とはいえ、物価が突然2倍になるというようなことは考えられません。

また、タイの物価がもしも急激に上がってしまったらミャンマーやマレーシア等、他の物価の安い国に移り住めば良いのです。どちらの国も(タイも)私は行ったことがありますが、どの国も人が温かく、特に観光街は過ごしやすかったです。

タイとミャンマーは宗教が根強いため、経済的に貧しい人でも道徳心が高く感謝を忘れない国民性があります。また、マレーシアは観光業で成り立っているペナン島に行ったことがありますが、この世の楽園かと思うほど素晴らしい都市でした。

ペナン島は物価は安く、タクシーでぼったくりに会うこともなく、多くの店員さんには日本語が通じました。永住したい都市の一つです。

スポンサーリンク

タイの長期ステイビザ取得方法

物価が安くて治安もそこそこ良く、観光街は十分に発展もしているタイですが、日本人が住むにはビザの問題があります。

50歳以上の方であれば、リタイアメントビザが圧倒的におすすめです。リタイアメントビザを取得する主な条件は、50歳以上であることと、タイに80万バーツ以上の預金があるかもしくは月6.5万バーツ(約23万円)以上の年金があることです。

80万バーツは日本円だと300万円以下ですから、この金額を預けておくだけでタイに移住できるとは素晴らしすぎます。

問題は50歳未満の方の場合ですが、5年程度タイに移住しようと考えているのであれば、タイランドエリートカードのイージーアクセスプランが選択肢としてあがります。

タイランドエリートとは、タイ政府観光庁100%出資の子会社THAILAND PRIVILEGE CARD CO., LTD.が運営する特権付のメンバークラブです。

入会費用

出典:Thailand Elite

タイランドエリートは本来富裕層向けのサービスなのですが、イージーアクセスプランであれば50万バーツで5年間の滞在権が取得できます。50万バーツは2020年2月現在のレートで約180万円ですから、1年間に直すと36万円となります。

大きな金額ではありますが、タイで格安生活を送れることを考えると十分なコストパフォーマンスと言えるでしょう。

まず1年間程度で様子をみたいという場合には、観光ビザで90日間滞在する中で英語学校かタイ語学校を探し、入会して留学ビザ(1年)を取得する方法も考えられます。1年間の英語学校であれば、年間約3.5万バーツ(12万円程度)で授業が受けられます。

英会話が不安ならフィリピンで短期英会話合宿

どこの国で暮らすにも英会話力は必要でしょう。英語力に自信が無いのであれば、タイに移住する前にフィリピンで短期の英会話合宿(留学)を行うことも有効です。

フィリピンは英語が公用語の一つですから、国民の英会話力は高いです。独特のイントネーションはありますが、普通の日本人に比べればなんてことはありませんし、そもそも英語はツールであって伝わればいいと割り切れば気にする必要はありません。

英語留学の費用は、寮費も込み込みで相場は3か月で約70万円となります。英語初心者でも3か月間缶詰になって一日8時間以上の英会話学習を行えば、日常会話ぐらいは十分できるようになるでしょう。

フィリピンは短期滞在なら良いですが、永住はおすすめできません。あくまで私の経験上の話ですが、タイ、ミャンマー、マレーシアに比べると、フィリピンは治安が圧倒的に悪かったからです。

住む地域にも依るとは思いますが、長期滞在や永住を決め込むなら治安は最優先すべき譲れない項目ですね。やはり、タイかマレーシアが有力候補となりますが、50歳以下だとマレーシアの10年滞在ビザ(MM2H: マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)の取得には国内金融機関に30万リンギット(約810万円)以上の定期預金が必要であり資金効率が大きく下がるため、タイに軍配があがります。

本命:3000万円以上ある場合はインデックス運用資産を取り崩してタイに移住が一つの解

さて、ここまでは2000万円で完全不労所得生活を行う方法について記載してきましたが、これは究極奥義(エクストリームケース)と言えます。

3000万円以上の資産を想定すれば、本ブログでいつも主張しているように米国株式:米国債=75:25で3.5%取り崩しルールでアガるのがベターです。

なぜなら、3.5%取り崩しルールなら超高確率で資産は時間の経過と共に膨れ上がっていくからです。3000万円で3.5%なら税引き前105万円となりますが、物価の安いタイで安いコンドミニアムに住み、贅沢を控えれば十分生活が成り立ちます。

ちゃんと調べがついてないため定かなことは言えませんが、以下の図をみると、タイに180日以上住んでおり、日本で運用している株式等の利益(取り崩し額)をタイに持ち込んだ場合、日本ではなくタイで確定申告が必要となります。

出典:内田クリペリン検査

注意点として、タイの証券会社を通じて売買した際のキャピタルゲインは非課税、インカムゲインは税率10%となるのですが、日本の証券会社で得られた売買益に対しては課税対象となるそうです。(Twitterにてsayaka様より情報提供いただきました、ありがとうございました!)

カンボジアで得られた銀行金利がどう扱われるかは不明ですが、プノンペン商業銀行等の定期預金を併用する方法も考えられます。1年定期預金に1000万円を投入して5%の金利収入を得て、残りの2000万円で米国インデックス投資を行って3.5%を取り崩せば、税引き前で120万円(50万円+70万円)となります。

運用資産が少ないうちは運用資産の3.5%以下の取り崩し割合として、50歳以上ならリタイアメントビザ、50歳以下ならタイランドエリートのイージーアクセスを使って5年ほどタイに住み、資産規模が膨れ上がったら日本に戻ってくるという方法も考えられます。

スポンサーリンク

まとめ

単身者が2000万円で不労所得生活を送る方法を説明しました。

まとめると以下となります。

カンボジア定期預金×タイ移住FIRE法
・カンボジアのプノンペン商業銀行で銀行口座開設
・ドル建て5年定期預金に2000万円を投じる
・年利6.5%で税引き後112万円をゲット
・隣国タイに移住して格安生活
・50歳以上なら300万円をタイの銀行に預けてリタイアメントビザ
・50歳未満ならタイランドエリートカードのイージーアクセスプラン(50万バーツ:180万円)で5年滞在可

なお、3000万円以上の運用資産があれば、プノンペン商業銀行を利用せずにタイ国内にて米国株式:米国債=75:25で運用して3.5%取り崩せば税引き前105万円となり、タイでの不労所得格安生活が可能となります。こちらであれば、インフレリスク即ち貨幣価値の低下にも打ち勝てますし、カンボジアのカントリーリスクという恐ろしすぎるリスクを背負わなくて済みます。

本記事では2000万円で不労所得生活を送るスキームがあることを可能性の一つとして示すのが目的であって、このやり方を推奨しているわけではありません。

特に、カンボジアは地政学的リスクが大きく、銀行にもペイオフ制度が無いため、情勢悪化への対応が遅れれば預金のすべてを失うリスクがあります。

従って、もしもタイへの移住生活を選択するのであれば、やはり3000万円以上の資産運用&取り崩しが現実的な手法といえます。

リタイアメントビザまたはタイランドエリートのイージーアクセスプランを使用して3.5%ルールで5年も凌げば、資産規模はそこそこ膨れ上がっているでしょう。10年もあれば日本でも十分に不労所得生活が送れる水準に資産が増加している可能性も十分あります。

本記事では完全不労所得生活を前提としていたため触れませんでしたが、多少の労働を許容できるのであればタイに居ながらネット事業を行ったり、ランサーズBizseekといったクラウドソーシングサービスを利用して、プログラミングや記事執筆代行といったノマドワークを行えば、資産規模はますます増えていくことでしょう。

クラウドソーシングサービスは日本居住者にとっては単価が安いですが、タイ生活者にとっては物価が安いため生活費源として十分に機能してくれます。

50代でアーリーリタイアするのであれば、年金支給までリタイアメントビザでタイに移住して凌ぐというのが資産効率的に優れております。50歳以上ならマレーシアでも定期預金として15万リンギット(約405万円)が拘束されるだけで10年間ビザ(MM2H)が得られますから、選択の幅が広がります。

特に子供がいる家庭では、お子様が独立するまでは海外移住は難しいでしょうが、単身やDINKsであり、なおかつ海外移住という選択肢を取ることができるのであれば、FIRE(アーリーリタイア)の経済的ハードルはグッと下がります。

情報にアンテナを張りつつ自由な発想で柔軟に物事を考えることが出来れば、きっと世の中にはまだ見ぬ攻略法が他にも沢山ありそうですね。
(あ~、戦略考えるの楽しかった!)

以下、関連記事です。

日本国内であれば、単身の場合セミリタイア最低ラインは2500万円となります。今回の記事ではセミではなくアーリーリタイアが2000万円ですから、高金利×格安海外生活による資金効率は二倍以上と言えるでしょう。

【単身編】現実的なセミリタイア手法と必要な金額【2500万円】
理系の錬金術師です。 最も合理的と思える単身者向けのセミリタイア手法と、それに最低限必要な金額を整理しました。 以下の条件に当てはまる場合は、本手法を用いることで安定したセミリタイア生活が望めます。 セミリタイア手法の必要条件と必...

家族持ちのセミリタイアは5000万円が一つの目安です。

【家族編】現実的なセミリタイア手法と必要な金額【5000万円】
理系の錬金術師です。 家族持ち世帯の場合に最も合理的と思えるセミリタイア手法と、それに必要な金額を整理しました。 以下の条件に当てはまる場合は、本手法を用いることで安定したセミリタイア生活が望めます。 セミリタイア手法の必要条件と...

運用資産の取り崩し割合3.5%が超高確率で成立することについては、以下の記事をご確認ください。

【条件別FIRE戦略】アーリーリタイアの指標となる資産額と切り崩し割合について【3.5%ルール】
FIREを志す方の中には、アーリーリタイアもしくはセミリタイアをスタートする際の資産額を決めている人も多いと思います。 FIREスタートラインの目標額は、高配当戦略で年間配当金の金額を基準にしていたり、欧米で流行っている4%ルールに基...
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

米国株ランキング

応援よろしくお願いします!
★理系の錬金術師おすすめの証券口座3選
【その1】
SBIネオモバイル証券

SBIネオモバイル証券

国内株式購入の観点では間違いなくNo.1の証券口座。国内株式を気軽に1株から定期積立可能です。取引手数料も実質月20円と非常にお得です。

SBIネオモバイル証券の口座開設方法はコチラ

【その2】
サクソバンク証券

サクソバンク証券

海外株式の取扱い数が圧倒的!国内唯一の配当金再投資サービスが魅力です。特定口座対応(2020年予定)後は間違いなく国内No.1の証券口座になるでしょう。
現状は補助口座としておすすめです。

サクソバンク証券の魅力と口座開設方法はコチラ
【その3】
楽天証券

楽天証券

手数料が業界最安基準で積立NISAの商品も豊富。取引ツールの使いやすさも秀逸です。楽天経済圏の住人なら特におすすめ。

楽天証券の口座の魅力と開設方法はコチラ



PVアクセスランキング にほんブログ村
FIRE戦略金利
スポンサーリンク
spinor_1をフォローする
理系の錬金術

コメント